造園工事レポート(丹波コバ積み他編)♪

清々しい清明の季節です。
花を咲かせるものたち、葉を展開し始めるものたち・・
植物たちが生命のエネルギーを外へ向かって解き放ち始めました。

先日U様邸造園工事が無事に完了しましたのでレポートします。
お施主様は引っ越してまだ数ヶ月・・
既存の植物は前のお庭からいっしょに連れてきたシマトネリコや
記念樹のモミジなどが少しありました。
明るい洋風のお庭がご要望です。
重厚な建物とマッチさせるには・・
さあ、工事スタートです!

始めは既存の平板を再利用できるものを選び出しながらの撤去作業。
春の雑草たちも元気良く芽を出してきていました。

a0139007_06041594.jpg
































こちらはバラとクレマチスが競演するエリア。
既存土をせっせと掘り出していきます。

a0139007_06041161.jpg




















有機物がほとんど無く、ガラガラの石混じりの土をしっかりと撤去します。
奥行きが浅いので地中深く掘り下げました。
どの場所にバラやクレマチスを配置すべきか、
それぞれの枝がどのように誘引していけるのかをイメージしながらの作業です。

a0139007_06040730.jpg
































土壌改良は、パーライトや堆肥はもちろん、もみがらくん炭、有機肥料や土壌菌資材などを鋤き込みます。
植物たちが根をしっかりと地中へ伸ばし、元気に生育するために最も大切な作業のひとつが、
この「 土作り 」です。

a0139007_06035697.jpg




















さて、こちちらは植栽スペースとなるレイズドベッドを作っていきます。
出し入れのバランスを見ながら、雨水マスを避けてナチュラルな曲線でラインを描いていきます。

a0139007_06035200.jpg
































いよいよ、積み作業が始まります。
素材は丹波石。
重厚な建物の雰囲気に合わせて選ばれています。
どっしりと重心低く、味わい深いコバ積みです。
石と石が触れるところは、なんとも言えない陰影が産み出されるんです!

a0139007_06034847.jpg
































それぞれの想いが徐々に形になっていきます・・

a0139007_06034472.jpg




















職人であり、表現者であるみんなの力を結集しての作業・・

a0139007_06033955.jpg




















そして、丹波石のコバ積みスペースの完成です!
陰影が積みの面にいい感じに存在していますね♪
石と石の境界のライン変化していく部分や、
石の大きさの変化や石と石の合わせ方などなど・・
見所満載の丹波石のコバ積みは
これだけ見ていても楽しくて時間を忘れてしまうほどです。

a0139007_06033552.jpg
































既存の平板を再利用し、奥へと続くアプローチを作ります。
視界から消えていくデザインなので、奥行き感と期待感が産み出されます。

a0139007_06033168.jpg
































いよいよ、植栽です。
建物前の細いスペースはドライガーデンエリア。

a0139007_06032651.jpg




















バラとクレマチスのエリアの下草は、季節の一年草で楽しむエリアに・・

a0139007_06032161.jpg




















そして植栽が完了・・植物の名前を記したラベルをさして、
たっぷりと水遣りをします。
丹波石は濡れるとまたいい感じ♪

a0139007_06030985.jpg
































キングサリ ボッシーやユーフォルビア シルバースワンが
メインとなるドライガーデンエリア。
ラケナリアやアルストロメリア小輪系などで個性派を主体に明るい雰囲気を作りました。

a0139007_06030558.jpg




















お手持ちのブルーベリーを活かしながら、
足元は開花の始まったバージニアストックや
これから咲き始める春の一年草たちを植え込みました。

a0139007_06025946.jpg
































丹波石の植栽スペースには季節に咲く低木や宿根草を仕込みました。
シンボルツリーのシマトネリコの周りは、
流行のラナンキュラス ラックスも取り入れつつ、
印象的なアンバーカラーのビオラや
メタリックなブラウン色のハロラギスで
足元を渋くてかわいい感じにしてみました。

a0139007_06025491.jpg




















今後、どのように変化していくのでしょうか・・
サルビアやグラスなどの夏秋素材もちょこちょこ仕込んでいますので
それぞれの季節に、それぞれの特徴ある風景が見れることと思います。


施工前はこんな感じが、

a0139007_06024875.jpg




















こんな感じに変身!

a0139007_06024424.jpg




















こちらも、こんな感じだったのが、

a0139007_06023830.jpg





















こんな風景に・・

a0139007_06023433.jpg




















そして、メインとなるエリアも

a0139007_06022923.jpg




















こんな風景に変わりました。


a0139007_06022294.jpg





















今後は存分に庭作業を楽しんでいただけたらと思います。
道行く人たちとの会話が弾む、みんなが楽しめるお庭となっていきそうです。
U様ありがとうございました。

(造園・メンテナンス部 じゅうもんじ)

‥‥‥‥‥


風雅舎(ふうがしゃ)
〒673-0516
兵庫県三木市志染町御坂1276
0794-87-2125
10:00〜17:00/年中無休 (SHOP)
11:00〜16:00/2・8月の第一水曜日定休 (CAFE)
http://www.fugasha.com/ (公式サイト)
https://www.facebook.com/fugasha (FB)
http://instagram.com/fugasha(instagram)
http://fugasha.theshop.jp/ (オンラインショップ)

ブログランキングにも参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
にほんブログ村


\ 1日1回 / ポチッとお願いします。
ご協力ありがとうございました♪

‥‥‥‥‥


by fugasha | 2016-04-05 09:38 | 造園工事・メンテナンス | Trackback
トラックバックURL : http://fugasha.exblog.jp/tb/22685002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


兵庫県三木市の「風雅舎」です。花のある庭づくり、花苗の入荷情報などご紹介します♪HPはこちら http://fugasha.com/


by Fugasha

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
アニースローン「CHALK PAINT」
カフェ
造園工事・メンテナンス
農園(直売・生産)
イベント
ガーデンの開花状況
みつばち日記
求人
営業日
未分類

画像一覧

検索

ブログジャンル

花・ガーデニング

メモ帳

外部リンク