ナチュラルガーデンにおすすめの宿根草パート13


シリーズでお送りしておりますナチュラルガーデン向きのおすすめの宿根草のパート13です。一部、球根を含め御紹介します。

a0139007_13455610.jpg
スティパ・テヌイッシマです。とても繊細な細い葉がフワフワっと四方に広がり、優しい野性味を感じさせてくれます。乾燥地が適地で、とにかく乾かし気味に管理することがポイントです。合わせる植物は勿論、ドライエリアを好むワイルドフラワーがベストです。

a0139007_13454789.jpg
秋の奮囲気を存分に発揮してくれる赤花水引草です。秋深まる10月頃、赤い小花をびっしり着けた長い穂が幾重にも重なり合う風景は秋ならではのものです。若干湿り気味の明るい半日陰が適地で、手があまり入れられない、放任地で伸び伸び育てた方が、秋の風情が増します。とにかく丈夫です。

a0139007_13453549.jpg
ハイビスカスティーで有名なローゼルです。夏から秋始めに黄色いフヨウの花が次から次へと咲き、その後、赤い果実がびっしりと成ります。この赤い果実(肥大したガクと苞)を収穫して、乾燥させたものが、ハイビスティーの元です。この黄花や赤い実が、夏から秋の花壇でも、とても魅力的で元気な姿を見せてくれます。

a0139007_13451600.jpg
サルビア・イエローマジェスティです。サルビアとしては秋一番遅く咲く最終ランナーです。高さは軽く2m位には育つ大型サルビアで、秋のシンボルペレニアルとしてふさわしい、よく目立つ場所に植えたいものです。寒さには弱いので、冬は切り戻して敷きわらで保護するか、掘り上げて寒さの心配の無い所で越冬させます。

a0139007_13452830.jpg
ナツズイセンです。元々は中国がふるさとで、古くに日本に入ってきて帰化した植物とも言われています。8月中下旬にきれいなピンクの花を突然咲かせます。落葉樹の根元で、一年中適度な湿り気のある所が適地です。早春に葉が出て、その葉は夏前には枯れます。夏初めに出廻る球根を入手して定植します。


今回は、夏、秋を特に感じられて、野性味あふれる植物を集めました。原種やそれに近い植物が一番、季節感を感じられる様に思います。日本も世界も野生植物に目を向けると、奥が深いです。


記:K.K


‥‥‥‥‥

風雅舎(ふうがしゃ)
〒673-0516
兵庫県三木市志染町御坂1276
0794-87-2125
10:00〜17:00/年中無休
http://www.fugasha.com/ (公式サイト)
https://www.facebook.com/fugasha (FB)
https://www.instagram.com/fugasha/(instagram)

ブログランキングにも参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
にほんブログ村


\ 1日1回 / ポチッとお願いします。
ご協力ありがとうございました♪

‥‥‥‥‥


by fugasha | 2017-09-06 14:39 | 農園(直売・生産) | Trackback
トラックバックURL : http://fugasha.exblog.jp/tb/237717844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


兵庫県三木市の「風雅舎」です。花のある庭づくり、花苗の入荷情報などご紹介します♪HPはこちら http://fugasha.com/


by Fugasha

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
アニースローン「CHALK PAINT」
カフェ
造園工事・メンテナンス
農園(直売・生産)
イベント
ガーデンの開花状況
みつばち日記
求人
営業日
未分類

画像一覧

検索

ブログジャンル

花・ガーデニング

メモ帳

外部リンク