ナチュラルガーデンにおすすめの宿根草パート14


シリーズでお送りしておりますナチュラルガーデン向きのおすすめの宿根草のパート14です。一部、球根を含め御紹介します。


a0139007_16444446.jpg
コバルトブルーの小花はコバルトセージ(サルビア・レプタンス)、白い穂はギンギツネ(ペニセタム・ビロサム)です。共に日当り、風通しが良く、水はけも良い乾き気味の場所を好みます。花期は9~10頃で秋の風情を醸してくれます。2種類共大株に育つので株間を広くとりながら、3年程度は植え放しでナチュラルな雰囲気を楽しみたいですね。

a0139007_16570849.jpg
さわやかなスカイブルーの小花をいっぱい咲かせるサルビア・アズレアです。前者のコバルトセージよりも輪は大き目で花期も前後に長く咲いてくれます。放任で栽培すると伸び過ぎて倒れるので7~8月に1~2度剪定し、更に支柱で支えた方が良いと思います。とにかく丈夫で育て易いです。

a0139007_16441234.jpg
ダリアのティトキポイントという品種です。一重咲きで何とも言えぬ花色の微妙な変化があり、とても魅力的です。何より小輪ですが次から次へと開花を続け、株のボリュームも結構出ます。秋、涼しくなれば花色の微妙な濃淡が出て、より一層きれいです。

a0139007_16440028.jpg
斑入りノシランです。秋9月の中下旬に純白の小花を穂状に咲かせます。ノシランは雑木の庭の下草にはうってつけの植物で、少し暗目の常緑樹の根元でも、とても元気に育ってくれます。下草の中でも大株に育つので、植栽の後ろの方の根締めに良いです。斑入りノシランは白いストライプがきれいで、変化を出したい所の根締めに使うと良いでしょう。

a0139007_16435240.jpg
三尺バーベナ(バーベナ・ボナリエンシス)です。これ以上ナチュラルなものは無いほどナチュラルです。こぼれ種で野生化した姿が最もナチュラルです。バーベナの常、種を摂って播いても発芽せず、自然のこぼれ種でいっぱい殖えます。一度植えた苗にこだわらず、まわりに殖えた株が野放図に自由に咲いているのが、この植物の魅力だと思います。


今回は深まりゆく秋に楽しめる宿根草(一部、球根)を集めました。秋は春とは違い華やぎには欠けるかもしれませんが、吹き抜ける秋風に揺れる花穂が、とても心地良く絵になります。秋を楽しむのも乙なものです。

記:K.K


‥‥‥‥‥

風雅舎(ふうがしゃ)
〒673-0516
兵庫県三木市志染町御坂1276
0794-87-2125
10:00〜17:00/年中無休
http://www.fugasha.com/ (公式サイト)
https://www.facebook.com/fugasha (FB)
https://www.instagram.com/fugasha/(instagram)

ブログランキングにも参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
にほんブログ村


\ 1日1回 / ポチッとお願いします。
ご協力ありがとうございました♪

‥‥‥‥‥


by fugasha | 2017-09-20 17:32 | 農園(直売・生産) | Trackback
トラックバックURL : http://fugasha.exblog.jp/tb/237773696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


兵庫県三木市の「風雅舎」です。花のある庭づくり、花苗の入荷情報などご紹介します♪HPはこちら http://fugasha.com/


by Fugasha

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
アニースローン「CHALK PAINT」
カフェ
造園工事・メンテナンス
農園(直売・生産)
イベント
ガーデンの開花状況
みつばち日記
求人
営業日
未分類

画像一覧

検索

ブログジャンル

花・ガーデニング

メモ帳

外部リンク