ナチュラルガーデンにおすすめの宿根草パート15



シリーズでお送りしておりますナチュラルガーデン向きのおすすめの宿根草のパート15です。一部、球根を含め御紹介します。


a0139007_12523852.jpg
リコリス・アルビフローラです。和名がシロバナマンジュシャゲと呼ばれていますが、花色は白ではなく、クリーム色です。普通の彼岸花と同じ時期に咲きますが、咲いたイメージはまるで異なり、すっきりと垢抜けたイメージが印象的です。とても丈夫で、毎年球根が殖え、花立ちも増えます。雑木の根元の下草の間に植えて、自然な風情を楽しむのがおすすめです。


a0139007_17135444.jpg
カレックスのスパークラーという品種です。一見、シぺラスの様な生え方をする斑入りのカレックスです。この植物の優れたところは、常緑であり、耐暑性も耐寒性もあり、高さ60㎝位まで伸びて、よく繁ってアイキャッチャーになるところです。一年中安定して、きれいな斑入りの緑を提供してくれます。


a0139007_12540275.jpg
サルビアの原種イオダンタです。草丈は2mを越える大型のサルビアです。花色は紫がかったローズ色で遠くからでもよく目立ちます。耐寒性が無いのに開花が11月と遅い為、軒下や高木下の、直接霜がおりない所がおすすめです。秋にさし芽を行って、冬は室内で越冬させ、晩春から初夏に定植します。


a0139007_12522581.jpg
ヒマワリ・イタリアンホワイトです。このヒマワリはとにかく開花期間が長く、夏から秋にかけて次から次へと咲いてくれます。花色はさわやかなレモンイエローで暑い季節でも涼感を添えてくれます。上手に育てると種が出来ますので、初夏に実生で育てる事をおすすめします。


a0139007_12525915.jpg

秋の風情いっぱいのカリガネソウです。斑入りのカリガネソウの方が多く流通していますが、普通のカリガネソウも中々、良いものです。唯一、近付くと異臭を放つのが欠点ですが、離れて見る分には何ら問題はありません。秋の深まりと同時に、青い小花をびっしり咲かせ、素晴らしい景観をつくってくれます。とても丈夫です。


秋をさわやかに感じられる野草や一年草、宿根草などを紹介しました。野生味のある花は見てて飽きませんね。季節感が失われている昨今、せめて花の世界だけは季節感を失いたくないですね。


記:K.K


‥‥‥‥‥

風雅舎(ふうがしゃ)
〒673-0516
兵庫県三木市志染町御坂1276
0794-87-2125
10:00〜17:00/年中無休
http://www.fugasha.com/ (公式サイト)
https://www.facebook.com/fugasha (FB)
https://www.instagram.com/fugasha/(instagram)

ブログランキングにも参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
にほんブログ村


\ 1日1回 / ポチッとお願いします。
ご協力ありがとうございました♪

‥‥‥‥‥


by fugasha | 2017-10-04 13:40 | 農園(直売・生産) | Trackback
トラックバックURL : http://fugasha.exblog.jp/tb/237830049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


兵庫県三木市の「風雅舎」です。花のある庭づくり、花苗の入荷情報などご紹介します♪HPはこちら http://fugasha.com/


by Fugasha

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
アニースローン「CHALK PAINT」
カフェ
造園工事・メンテナンス
農園(直売・生産)
イベント
ガーデンの開花状況
みつばち日記
求人
営業日
未分類

画像一覧

検索

ブログジャンル

花・ガーデニング

メモ帳

外部リンク