ナチュラルガーデンにおすすめの宿根草パート6


シリーズでお送りしておりますナチュラルガーデン向きのおすすめ宿根草のパート6です。一部つる性樹木も含め御紹介します。

a0139007_13195758.jpg
ハニーサックルの仲間、ロニケラ・ゴールドフレームです。つぼみはピンク色で、開くと淡いオレンジ色に外花被のピンクが入り交じる微妙な色の変化を見せるロニケラです。つるが絡む構造物が必要ですが、一度絡むと適度にあばれてとてもナチュラルに見えます。

a0139007_13195038.jpg
とてもポピュラーな日本の地生ラン、シランの白花です。基本種はローズピンクの花色でとても目立ちますが、この白花はとても清楚でナチュラル感を醸してくれます。和風テイストを感じたい所に植えられる好素材です。

a0139007_13192984.jpg
和名がイモカタバミと呼ばれ、更にピンク花が基本種で、あまり一般的には使われない素材ですが、この白花は逸品です。日なたから明るい半日陰まで適応し、場所が合えば、年中明るいグリーンの葉っぱで地面を覆ってくれます。また、人が殖やさない限り、勝手にあちこちに広がらない大人しいオキザリスです。

a0139007_13200564.jpg
ゲラニウムの仲間で、クロバナフウロと呼ばれるとても丈夫な宿根草です。草丈が真っすぐ上に60~80㎝位伸びて、とてもスレンダーな印象です。何より、黒味がかかった花色はとても味わい深いものです。
a0139007_13192380.jpg
ジギタリスの原種のラナタです。花弁の外側がシックな茶色で、咲くと、とても落ち着いた空間を演出してくれます。明るい木陰が適地で、周囲に緑が多い程、引き立ちます。
a0139007_13191513.jpg
とてもシックな色調のペンステモン・ルビーレースです。黒味の強い濃赤色で、草丈も結構伸びて、開花時は存在感を発揮します。1日中、陽が当たって、風通しの良い所が適地です。

今回は、ロニケラを除いて白花や茶色や黒系の地味な種類になりました。地味な花色の一番の特徴は飽きないという事です。毎年見ても飽きないという事は、ガーデンプランツとしてとても大切なところだと思います。これからも色々紹介したいと思います。


記:K.K







‥‥‥‥‥

風雅舎(ふうがしゃ)
〒673-0516
兵庫県三木市志染町御坂1276
0794-87-2125
10:00〜17:00/年中無休
http://www.fugasha.com/ (公式サイト)
https://www.facebook.com/fugasha (FB)
https://www.instagram.com/fugasha/(instagram)

ブログランキングにも参加しています!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花屋へ
にほんブログ村


\ 1日1回 / ポチッとお願いします。
ご協力ありがとうございました♪

‥‥‥‥‥


by fugasha | 2017-05-31 15:35 | 農園(直売・生産) | Trackback
トラックバックURL : http://fugasha.exblog.jp/tb/23923975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


兵庫県三木市の「風雅舎」です。花のある庭づくり、花苗の入荷情報などご紹介します♪HPはこちら http://fugasha.com/


by Fugasha

プロフィールを見る
画像一覧

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

カテゴリ

全体
アニースローン「CHALK PAINT」
カフェ
造園工事・メンテナンス
農園(直売・生産)
イベント
ガーデンの開花状況
みつばち日記
求人
営業日
未分類

画像一覧

検索

ブログジャンル

花・ガーデニング

メモ帳

外部リンク